ちいさな翼「ペガーボール等レクリエーションスポーツ」講座

開催期日:令和4年1月15日 13:30~15:30
開催場所:千葉市ハーモニープラザ多目的ホール
参加人数:運営スタッフ6名
     参加児童10名、保護者10名

知的障がい・発達障がいのある4歳~12歳の児童とその保護者を対象にボールあそびを中心にペガーボール体験を実施しました。
ペガーボールとは、全面にマジックテープのついてポンチョを着た鬼にボールをどれくらいくっつけるかを競うスポーツです。
まずは、赤組・青組に分かれ、スタートラインを決めどちらの組がボールを鬼に早くくっつけられるか親子参加型でリレー方式に行いました。
その後、参加児童が活動に慣れてから通常の鬼ごっこ形式のペガーボールに移行していく形をとりました。
ボールを使った活動ということもあり、ボールへの興味関心を引き出すことと体を使う楽しさを実感してもらうことを目的に、パラバルーンに大量のボールを入れ、空中に打ち上げる活動も取り入れ、非常に盛り上がりました。
ペガーボール以降は、投げる動きが共通するフライングディスクを実施しました。
参加児童からは「楽しかった、またやりたい」、保護者からは「的当てみたいで遊びやすい。やり方も分かりやすいので本人も楽しそうだった」との声がありました。