市川第二中ブロックコミュニティクラブ「ボッチャ教室」講座

開催期日:令和4年1月8日 9:00~12:00
開催場所:市川市立菅野小学校
参加人数:運営スタッフ10名
     コミュニティクラブスタッフ10名、参加児童利用者19名

講師に浦安ボッチャ協会の皆様4名、市川市在住の障がい者スポーツ指導員5名を招き、市川第二中ブロックコミュニティクラブスタッフ10名・市川市立第二中学校の学区内に在住する児童19名を対象にボッチャ教室を実施しました。
前半は、市川第二中ブロックコミュニティクラブのスタッフを対象に、ボッチャコートの作り方、ボッチャについて説明、実技体験。
後半は市川市立第二中学校の学区内に在住する児童を対象に活動しました。
活動内容としては、市川第二中ブロックコミュニティクラブのスタッフが中心となり、前半に学んだボッチャを児童に向け体験を実施。
参加児童にボッチャを知っているか聞くと、半数近い児童が授業でボッチャに触れたことがあるとのことで、ボッチャの認知度の高さを改めて実感しました。
はじめてやる児童に対し、ボッチャをやったことがある児童が教えたり、児童同士で作戦を考え合ったりする姿も見受けられ、楽しい時間を過ごせていたようでした。
体験を終え、参加児童から「障がい者スポーツは誰でも楽しめるスポーツ」と意見もあり、スポーツをとおし誰もが過ごしやすい未来に繋ぐ架け橋になったのではないでしょうか。